ドコモ電話帳をパソコンで編集する方法

電話機-アイキャッチ

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

こんにちは😄

今回はドコモ電話帳をパソコンのブラウザから編集する方法についてご紹介したいと思います。

スマートフォンの電話帳をもっと楽に編集したいという時に効果的かと思います。

ドコモ電話帳(ブラウザ版)

ドコモ電話帳(ブラウザ版)を利用すると、クラウドで管理している電話帳の編集が可能となります。文字通りブラウザ版なので、パソコンのブラウザから利用すると、大きな画面で編集することが出来ます。

パソコンで編集した内容は自動的にスマートフォンに反映されます。

MEMO
スマートフォンへの反映には一定時間が必要です。

dアカウントの取得

ドコモ電話帳(ブラウザ版)を利用するには「dアカウント」が必要となります。

dアカウントはdアカウントポータルサイトから作成できます。

MEMO
2015年12月1日より「docomo ID」は「dアカウント」へ名称が変更されました。

クラウドの利用設定

ドコモ電話帳(ブラウザ版)はクラウドで管理している電話帳に対して操作するものなので、最初にスマートフォンのドコモ電話帳をクラウドのサーバにコピーして同期する必要があります。

アプリ一覧などからドコモ電話帳を開きます。現在、クラウドを利用していない場合は「雲のアイコン」に斜線が入っています。
⇒「雲のアイコン」をタップします。

アイコンに斜線がない場合
既にクラウドを利用中なので、本章の操作は不要です。

「利用する」を選択します。
次へをタップします。注意事項を確認します。
了承して進むをタップします。
以下の画面が表示された場合
以前にクラウドを利用したことがあり、クラウドのサーバに連絡先が存在する場合は以下のような画面が表示されると思います。利用するデータを選択します。⇒OKをタップします。

クラウドと端末のデータを両方利用 クラウドに保存されている連絡先とスマートフォンに保存されている連絡先の両方を利用する場合に選択する。同じ連絡先があると、片方のみが利用される。
端末の連絡先データを利用 スマートフォンに保存されている連絡先のみ利用する場合に選択する。クラウドに保存されている連絡先は削除されるので注意。
クラウドの連絡先データを利用 クラウドに保存されている連絡先のみ利用する場合に選択する。スマートフォンに保存されている連絡先は削除されるので注意。


OKをタップします。クラウドの利用設定は以上です。

ログイン設定

クラウドの設定とは別に、ドコモ電話帳(ブラウザ版)のログイン設定が必要です。

 をタップします。クラウドメニューをタップします。ログイン設定(電話帳ブラウザ版等)をタップします。「利用する」を選択します。
決定をタップします。

ドコモ電話帳(ブラウザ版)の利用設定は以上です。

ドコモ電話帳(ブラウザ版)の利用

ドコモ電話帳(ブラウザ版)を利用する準備が整いましたので、パソコンから操作してみます。

パソコンのブラウザからドコモ電話帳(ブラウザ版) | NTTドコモに接続します。

ログインをクリックして「dアカウント」でログインします。ドコモ電話帳(ブラウザ版)が表示されました。
編集してみます。

連絡先の追加
新規作成をクリックします。連絡先の情報を入力します。
保存をクリックします。OKをクリックします。

追加されました。


連絡先の編集
「編集する連絡先」をクリックします。連絡先の情報を編集します。
保存をクリックします。OKをクリックします。


連絡先の削除
選択削除をクリックします。

削除する連絡先を選択します(全選択も出来ます)。
削除をクリックします。削除しても良ければOKをクリックします。OKをクリックします。連絡先が削除されました。

あとがき

今回はドコモ電話帳をパソコンのブラウザから編集する方法についてまとめてみました。

私の場合、パソコンのほうが慣れているので、複数の連絡先を編集する場合は効率的だと感じました。

強いて言えば、CSVファイルの入出力機能があればExcel等を使って編集が出来るので、もっと良かったと思います。