「PlayMemories Home」写真の取り込みと編集

こんにちは😄

このたび初めての一眼カメラとしてソニーのα6400を購入しました。撮った写真はPCで管理したいのですが、どのソフトウェアがよいのでしょうか?

ということで、今回はソニーの「PlayMemories Home」を試してみたいと思います。

PlayMemories Homeとは?

写真や動画の取り込み・閲覧・検索・編集・共有などが可能なソニーのソフトウェアです。

PlayMemories Homeのダウンロード

PlayMemories Home Downloadからダウンロードできます。インストールプログラムは64ビット版と32ビット版がありますので、使っているWindowsの環境に応じてプログラムをダウンロードします。

Windowsが64ビットか32ビットか分からない場合

  1. キーボードの[]キーを押しながら[R]キーを押します。
  2. 「名前」の欄に「control」と入力して[OK]をクリックします。
    ⇒「コントロールパネル」が開きます。
  3. [システムとセキュリティ]をクリックします。
  4. [システム]をクリックします。
  5. 「システムの種類」の箇所を参照します。


PlayMemories Homeのインストール

ダウンロードしたファイル「PMHOME.zip」1️⃣を解凍して「PMHOME.exe」1️⃣を実行し、画面の案内に沿ってプログラムをインストールします。

1️⃣ファイル名はバージョンアップ等により変更される場合があります。

インストールの途中で「PlayMemories Online」を使用するか否かについて問われる画面が表示される場合があります。PlayMemories Onlineとは写真・動画のアップロードや共有が可能なソニーの無料クラウドサービスです。もし、現時点で決まっていない場合は、後からでも設定可能なので、とりあえず[PlayMemories Onlineを使わない]を選択します。インストールが正常に終了すると下図のような画面が表示されます。

SDカードからPCに写真を取り込む

写真の入ったSDカードをPCにセットして取り込んでみます。

操作手順

  1. PlayMemories Homeを実行します(実行されていない場合)。
  2. SDカードをPCにセットします。
  3. 下図のようなメッセージが表示されたら[はい]をクリックします。メッセージが表示されなかった場合や[いいえ]をクリックした場合は⑤に進みます。
  4. [画像の取り込み]をクリックします。⑥に進みます。
  5. [ツール]をクリックします。
    [画像の取り込み]をクリックします。
  6. ①~②取り込みたい画像を選択します。
    ③取り込み先のドライブ、フォルダを選択します。
    ④[取り込み開始]をクリックします。サムネイル画像の右上に「RAW」と書かれている場合はRAW形式のみで記録、「RAW+J」と書かれている場合はRAW形式とJPEG形式の両方で記録、何も書かれていない場合はJPEG形式のみで記録された写真となります(上図はクリックすると拡大できます)。
  7. 取り込みが正常に終了すると、取り込んだ写真が表示されます。「RAW」形式と「JPEG」形式の両方で記録されていた場合は、両方の写真(2枚)が取り込まれます。サムネイル画像の右上に「RAW」と書かれている場合はRAW形式の写真、何も書かれていない場合はJPEG形式の写真となります(上図はクリックすると拡大できます)。


RAW(ロー)形式とは?

RAW形式とはカメラ内部での現像(画像処理)を行う前の状態のものです。一方、カメラ内部で現像したものがJPEG形式となります。RAW形式は現像前のため、PCに取り込んでカメラの代わりに現像を行いJPEG形式などの画像にする必要があります。現像前であることから「ホワイトバランス」や「明るさ」などを調整しても、現像後の画質には殆ど劣化がありません。JPEG形式などの画像にした後に「明るさ」などを調整すると画質が劣化します。

これらのことからRAW形式での保存は、積極的に利用するべきだと言えますが、ファイルサイズが大きいのでSDカードの容量と相談して設定する必要があります。

ちなみに私はα6400で「RAW+JPEG」という両方の形式を記録する設定にしています。

写真を補正する

PlayMemories Homeでは写真の明るさなどを補正することが出来ます。RAW形式の場合は回転のみ行うことができるようです。

操作手順

  1. ①[ツール]をクリックします。
    ②[写真の編集/変換]をクリックします。
  2. 右側に「写真の編集/変換」メニューが表示されますので[写真の補正]をクリックします。補正の他に左右の回転、リサイズが出来ます。
  3. ①補正したい写真のあるドライブ、フォルダを選択します。
    ②補正したい写真を右側のスペースにドラッグ&ドロップします。
    ③[次へ]をクリックします。
  4. ①補正したい項目をクリックします。
    左回転:写真を左に90°回転できます
    右回転:写真を右に90°回転できます
    赤目補正:写真に写っている人物の赤目を補正できます
    トリミング:写真を自由に切り抜くことができます
    日付挿入:写真に日付を挿入できます
    自動補正:写真の明るさとコントラストを自動的に補正できます
    明度:写真の明るさやコントラストを任意に補正できます
    彩度:写真の彩度を任意に調整できます
    トーンカーブ:チャンネル別の明るさを補正できます
    シャープネス:写真の輪郭を強調できます
    ②補正した内容を保存する場合は[上書き保存]or[名前を付けて保存]をクリックします。補正する前に戻す場合は[リセット]をクリックします。


RAW形式の現像

PlayMemories Home単体ではRAW形式の現像はできないようです。

下図のように「ツール」メニューに「RAW画像を現像」という項目がありますが、PlayMemories Home単体で現像できるわけではなく「現像が出来る他のソフトウェア」を別途インストールして、そのソフトウェアと連携することで現像が可能になるといった感じのようです。

あとがき

同じソニーの「Imaging Edge」というソフトウェアがRAW形式の現像も可能なようなので今度試してみようと思います。