ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB22」レビュー

こんにちは😄

今回はソニーのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB22」について簡単ではありますがレビューをしてみたいと思います。

付属品

色は「ブラック」、「グリーン」、「グレー」、「ブルー」、「レッド」の5色があります。私は無難なブラックにしました。

  • ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB22」
  • マイクロUSBケーブル
  • 紙(使用上のご注意/主な仕様・保証書、取扱説明書、製品のサポート登録のおすすめ)

メモ
USB ACアダプターは付属していません。

外観

上前方からの図です。上前方斜めからの図です。電源ボタン、音量ボタン、再生ボタンなどは右上部にあります。上後方斜めからの図です。幅は約20cmです。想像してたよりずっと小さかったです。

特徴

  • 低域を強化する「EXTRA BASS」モード
  • 圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する「DSEE」で原音により近い広がりのある音で再生
  • 複雑な設定をすることなく低域から高域までソニーが推奨するサウンド設定を実現する「ClearAudio+」
  • 高音質コーデック「LDAC」対応(SBCはもちろん、AACにも対応)

準備(本機の充電)

背面右側のキャップを開き、マイクロUSBケーブルを本機のDC IN 5V端子とUSB ACアダプターに接続して充電します。

注意
  • USB ACアダプターは付属していません
  • はじめて使う場合は電源を入れる前に必ず1時間以上の充電が必要となっています

CHARGEランプがオレンジ色に点灯します。充電が完了するとランプが消灯します(内蔵充電池が満充電の場合は約1分で消灯)。

メモ
1.5A(1500mA)を出力できる推奨USB ACアダプター「AC-UD20」に付属のケーブルを接続した場合、約4時間で充電完了。500mA以上を出力できる市販のUSB ACアダプターを接続した場合などは10時間以上かかる場合あり

私の場合はミラーレス一眼カメラのα6400に付属していたUSB ACアダプター「AC-UUD12」が出力1.5Aとなっていたので、こちらを使いました。約4時間程度で充電完了したと思います。
充電が終わったらキャップを閉めます(防水、防じん性能保持のためしっかり閉める)。

接続

Creative Bluetooth USB オーディオ専用アダプター「BT-W2」とペアリング

メモ
Bluetooth接続したい機器を登録しておく操作をペアリング(機器登録)といいます。

私のPCは標準でBluetooth機能が無い、且つPCの音楽をワイヤレスヘッドホンで聞きたいのでCreative Bluetooth USB オーディオ専用アダプター「BT-W2」(以下、Creative BT-W2)というものを使ってBluetooth接続をしています。

今回は、そのCreative BT-W2に本機「SRS-XB22」を接続してみたいと思います。

「電源/PAIRINGボタン」を押して「Bluetoothランプ」の状態を確認します。購入直後に初めてペアリングを行う場合は自動的にペアリングモードになり「Bluetoothランプ」(青)が速く点滅します。次回からは「電源/PAIRINGボタン」を長押しすることでペアリングモードにすることができます。

本機「SRS-XB22」から「Bluetoothペアリングモード」という音声ガイダンスが流れるまで「電源/PAIRINGボタン」を長押しします。次にPCのUSBに接続したCreative BT-W2のボタンを長押ししてペアリングモードにします。

しばらくすると本機「SRS-XB22」から「ピーポー」という音が鳴り自動的にペアリングが完了します。ペアリングが完了すると「Bluetoothランプ」(青)が点滅から点灯に変わります。

サウンド効果を切り替える

サウンド効果は重低音の「EXTRA BASS」モード、省電力の「STANDARD」モード、臨場感の「LIVE SOUND」の計3種類から選べます。

購入時は重低音の「EXTRA BASS」モードになっています。

EXTRA BASSモードの正直な感想ですが、小さいボディの割には豊かな低音だと思いました。小音量でもしっかり低音が出ています。

寝る前とか少し静か目に聞きたい場合はSTANDARDモードに切り替えて聞いています。

モード名 LIVEランプ 電源ランプ 特徴
STANDARD 消灯 省電力
EXTRA BASS 消灯 重低音
LIVE SOUND 臨場感

EXTRA BASSモードとSTANDARDモードを切り替える場合は「再生/通話ボタン」と「-音量ボタン」を同時に約5秒間長押しします。
LIVE SOUNDモードに切り替える場合は「LIVEボタン」を押します。ボタンを押すたびにLIVE SOUNDモードとEXTRA BASSモードが切り替わります。

メモ
STANDARDモードになっていた場合でも「LIVEボタン」を押すとLIVE SOUNDモードになり、再度「LIVEボタン」を押してLIVE SOUNDモードを解除してもSTANDARDモードには戻らずEXTRA BASSモードになります。

ライティング機能を切り替える

「BATT/LIGHTボタン」を3秒間長押しするとスピーカーのライティング機能を切り替えることができます。3秒間長押しする度に点灯と消灯が切り替わります。

これは使用する条件にもよりますが、一人で使う分には必要ないと思いました。正直、最初の電源投入直後にチカチカして眩しいなと感じてしまい、早々と消灯にしてしまいました。ただ、大勢で盛り上がるときにはよいと思います。

あとがき

今回はソニーのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB22」をご紹介しました。ヘッドホンもいいけど、スピーカーで聴くのもよいものです。